×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

講師 Facilitator & Staff

ファシリテーター:デバラジ Devaraj

台湾・台北に生まれる。イギリスで組織心理学を、米国でスピーチ・コミュニケーションを学ぶ。
エンジニア、ジャーナリスト、ラジオの DJ などのキャリアを経て、探求者の道をたどり、2005年から台湾で、大人や子供を対象にしたスピリチュアルなダンス・ワークショップ・ティーチャーの草分けの一人として絶大な人気を持ち、100 人規模のワークショップをリード。陰陽五行の秘密と、左脳(論理)と右脳(フィーリング)のバランスを取るアプローチを基礎に創造した“インヤン(陰陽)・ダンス”ワークを中国各地で分かち合う。 Oshoの道にふれ、クリシュナナンダとアマナから学び、2009 年から、中国で最初のラーニング・ラブ・ティーチャーとしても精力的にワークをスタートした。

「中国は、繁栄の途上にあります。けれど、人々は日々の生で苦しんでおり、その一番の理由は、彼らの関係性ではないかと私は感じています。彼らの多くは、間違った理由のために結婚し、また、関係性に自分たちが何を与え、何を受け取ることができるか、何のアイデアも持っていません。 ラーニング・ラブは、彼らに、意味のある関係性を創造するツールを手渡すことができるだろうと思います。理解とコミュニケーションによって、人は、表面的で破壊的な生の代わりに、自分自身とも相手とももっと深く出会い、満ち足りる可能性を持つでしょう。これからますます世界で重要な大国となってゆく中国に、愛についての感受性を持つ人が増えることは、世界全体にとっても価値を持つことではないかと感じています」

自分を磨くこと、新しい挑戦を常にしている。
最先端のサイコセラピーの数々から、 シャーマニックダンス、ブレス、タントラまで、学びの幅は限りない。

その懐の深さによって、肉体、メンタル、エモーションのどの層をも扉にでき、企業でのコーチングもこなす。自由でしなやかなアプローチで、精神的な探究への欲求が高まる中国全土でワークを展開している。

オーガナイザー・アシスタント:宮平たばあん&牧田リーナ

2009年から「ダンス温泉」など瞑想とダンスのワークショップを始める。

タバーンは、舞踏にダンスのルーツを持つ、肉体のエキスパート。ただそこに立ち、腕をあげるだけの彼の所作の中にさえ、意識の行き届いたエレガントさが満ちる。
整体師としての腕前には、彼自身の肉体の言語への深い理解が反映されている。
今これが世界にオファーしたい、という想いが来た時に彼が中心になって催すソーシャル・メディテーションの会には、人と人がダイレクトに理解しあい、結びつくことを大切にするハートが溢れている。

タバーンと同様に、リーナも、日々に旅の果実をもたらすことをいつも心においている。
どの道から来た人にもわかりやすい方法や言葉を磨くため、自分自身のワークを怠らず、新しい学びに常にひらいている。彼女のダンスは、子供のようにパワフルで野性的、そして官能的。頭ではなく、ハートと腹から、友人として瞑想とヒーリングをシェアできる人。

トランスダンスの会は、不定期だが、彼ら二人が豊かに持っているシャーマニックな質が活かされ、参加者が日頃の意識を軽々踏み越えて踊ることを助けてくれる。

2010年、初めてデバラジを招き「インヤンダンス」をオーガナイズし、毎年ワークショップを開催。2012年にはラーニングラブ、2013年にはインヤンダンスとラーニングラブを溶け合わせたワーク、コンシャスリレイティングをオーガナイズ。
デバラジにサポートを受け、自分たちでもインヤンダンスのワークショップを始め、2daysグループなどを行う。

彼らが体現する男性的なエッセンスと女性的なエッセンスが、ワークの場での理解をいっそう助ける。
そこでは誰もが、「クライアント」というより「ゲスト」として迎えられている安心感、そして自分もまたこの場を一緒に創っているんだ、という暖かいフィーリングに満たされて、のびのび開いていくことができる。

通訳:ニルー Niru

広告業界で働いていた93年、Oshoと瞑想に出会い、人生の方向を転換。インドで3年を過ごす。タントラワークを数年続けたのち、セクシュアリティと切り離すことのできないエモーションとフィーリングのワークに焦点を移し、Oshoインナーチャイルド・ワークの創始者であるクリシュナナンダとアマナから、ラーニング・ラブを学ぶ。06~07年、メキシコでインターナショナル・トレー二ングを受け、欧州各国、台湾、バリで彼らのアシスタントを務め、08年より、日本で唯一のティーチャーとしてワークショップと個人セッションをオファーしてきた。現在は瞑想と畑に没頭中。

ニルーは日本にラーニングラブを紹介し、 2010年に初めてデバラジを日本に招いたときから、ずっと通訳してくれています。
彼女の存在は、ほんとうに特別です。デバラジとニルーの2人がいてくれることで、私たちはより安心であたたかいなかでワークを進めることができます。